遠爺の「カッコつけドリル」~其の五“「タンゴ」は「歯切れ良く」”~

「タンゴ」はスタンダード種目の中でも、他の踊りに比べて色々の異なる点が多いと言われています。その特徴的なポイントは、次の様な点が上げられます。

  1. 「ウオーク」は、緩く左へのカーブを意識します。
  2. 体重のある脚の膝は、少し緩む(軽く曲げる)こと。
  3. スイングは無く、身体の上下をしないこと。
  4. ホールドはコンパクトで、女子の左手は男子の肩・下に。
  5. スタートの時など、両足が閉じている時は、左足・土踏ず付近に、

右足・親指が軽く差し込むように立つこと。

先ずは、「ウオーク」からドリルって見ましょう。

*男子・女子とも同じですので、シャドーをイメージして説明します。

「前進ウオーク」でのスタートの立ち方は前記⑤の様に右足・トウを左足・土踏まず付近に差し込む様に立ちます。

*この形を両足揃えた状態から、右足を後ろに引く(スリップ・バック)と説明する事も有ります。

1(S) 左・前進では、ヒールのアウトサイド・エッジからタッチし、CBMPに踏み出すので、左足・爪先を外向きに(トウ・ターンド・アウト)ステップします。

2(S) 右・前進では、インサイド・エッジをタッチし、サイド・リーディングでボディの右側を長く保つ様に心がけます。

これらは、前記①で示した通り、緩い左カーブを特徴とするフットワークと言えましょう。

例えば、自動車の運転で左カーブにハンドルを執る時、右タイヤが外輪なので遠回りとな

り、左タイヤが内輪で近回りとなる、と考えると自然の動きとなるでしょう。

もう一つ、カーブの事で説明したいのは、図-1で見る様に、1・左足の線㋺と、2・右足が線㋩と平行になる点です。

そしてカーブは、スタートで時計文字盤「12」とすると、◯1・左前進では「11」に向けて、◯2・右前進は左足に平行になるので同じく「11」に、◯3・左前進では「10」に向きます。

また、カーブする場合でも、一旦は体勢が男子・女子が向き合い、そこから新たな方向に向かうのです。その時、正面に向き合うと両足はダブル・トラック(2本のレール)が基本になる事も自然体で構えましょう。

次に、図-2の様に、例えばステップ2・Sの後半ス ローで、右足へ完全に体重が移

動した状態の時、左足の膝が右膝に寄ると同時に、左トウ(親指付け根付近)を床にタッ

チする程度のタイミングも重要なポイントとなります。

*(ここでは、ステップ2で説明しましたが、1でも、後退でも膝を通過する時に同じです)

◎「後退ウオーク」では、

 1(S) 右・後退では、CBMPでの踏み出しになるので、アウトサイド・エッジ(小指付近)のタッチで、足先を内向き(トウ・ターンド・イン)にステップします。

 2(S) 左・後退では、外輪になるので、インサイド・エッジのタッチと共に、サイド・リーディングでボディの左側を長く保ち、特に後退なのでスタンディング・レッグ(右足)へのバランス・キープ(水平を保つ)を意識することが大切になります。

これも、自動車をバックで緩い左カーブの運転する感覚を思うと、自然についてくる動作とも考えられますね。自然な動作で、無理な力を要さずに、ペアがお互いにリラックスしながら、タンゴの曲に乗って、カッコ良く、楽しむことが出来ると思います。

「ウオーク」のドリルで特に注目したいのは、カービングとの関係もあると思いますが、インサイド・エッジとアウトサイド・エッジでのタッチが多い様です。

他の種目では、トォとヒールのタッチであり、私は靴底25.5㎝の長さを、流れる様なムーブメントを楽しみますが、逆に言うと途中で”止める!” という動作は難しいとおもいます。

ここがポイント。タンゴの場合、靴底・横幅8~9㎝程度の短い幅での体重移動ですから、移動幅(距離)が3分の1の移動となるのでパワーが同じでも、自然と速くなります。

これがストップ・アクションの「歯切れ良さ」を楽しめる基本だと信じています。

もう一つの特色は、ライズ&フォールが無いので、「BCM」や「サイド・リーディング」が余裕を持って楽しめる点です。

スタンディング・レッグのバランスをしっかり保ち、膝と足首の連動で、股関節を思う様に使い熟す感覚を知ることが出来るので、楽しくドリルしたくなると思うのです。

ここでは、ウオークの説明のみになりましたが、ベーシック・フィガーの「プログレッシブ・リンク」、「クローズド・プロムナード」、などのフィガーを楽しんでみてください。

ウオークの基本が必ず応用に繋がると思います。特に、「フォア・ステップ」での回転量の変化を楽しむと、タンゴが一層好きになる事でしょう。

カッコつけて踊る術をドリルってみましょう!

◎「後退ウオーク」では、

 1(S) 右・後退では、CBMPでの踏み出しになるので、アウトサイド・エッジ(小指付近)のタッチで、足先を内向き(トウ・ターンド・イン)にステップします。

 2(S) 左・後退では、外輪になるので、インサイド・エッジのタッチと共に、サイド・リーディングでボディの左側を長く保ち、特に後退なのでスタンディング・レッグ(右足)へのバランス・キープ(水平を保つ)を意識することが大切になります。

これも、自動車をバックで緩い左カーブの運転する感覚を思うと、自然についてくる動作とも考えられますね。自然な動作で、無理な力を要さずに、ペアがお互いにリラックスしながら、タンゴの曲に乗って、カッコ良く、楽しむことが出来ると思います。

「ウオーク」のドリルで特に注目したいのは、カービングとの関係もあると思いますが、インサイド・エッジとアウトサイド・エッジでのタッチが多い様です。

他の種目では、トォとヒールのタッチであり、私は靴底25.5㎝の長さを、流れる様なムーブメントを楽しみますが、逆に言うと途中で”止める!” という動作は難しいとおもいます。

ここがポイント。タンゴの場合、靴底・横幅8~9㎝程度の短い幅での体重移動ですから、移動幅(距離)が3分の1の移動となるのでパワーが同じでも、自然と速くなります。

これがストップ・アクションの「歯切れ良さ」を楽しめる基本だと信じています。

もう一つの特色は、ライズ&フォールが無いので、「BCM」や「サイド・リーディング」が余裕を持って楽しめる点です。

スタンディング・レッグのバランスをしっかり保ち、膝と足首の連動で、股関節を思う様に使い熟す感覚を知ることが出来るので、楽しくドリルしたくなると思うのです。

ここでは、ウオークの説明のみになりましたが、ベーシック・フィガーの「プログレッシブ・リンク」、「クローズド・プロムナード」、などのフィガーを楽しんでみてください。

ウオークの基本が必ず応用に繋がると思います。特に、「フォア・ステップ」での回転量の変化を楽しむと、タンゴが一層好きになる事でしょう。

カッコつけて踊る術をドリルってみましょう!

                                                      (スマイリー・遠爺(えんじい))