「ダンスパーティーでは、どんなダンスをしたらいいのか問題」を考えました!

ダンスパーティーでは、どんなダンスしたらいいのか。
どんなダンスを踊ればいいのか。

近ごろあちこちで耳にするこの問題、とうとうわたしも考えるようになりました。

パーティーは社交の場。
競技ダンスを踊っていいのか。
はたして、人と競うことが目的の競技ダンスを、いろんな人が集まるパーティー会場で踊っていいのか。

怖いんです!
まじ怖いんです!

肘を張って、どこにふっとんで来るのかわからないクルクルスピンを連続でされて、

おりゃーどけーっ 初心者は端でブルースでも踊っいればいいんだー

といわんばかりの競技スタイルダンス。
しかもドヤ顔で!

怖いんです!

しかしそもそも、ダンサーは競技ダンスしか習っていない。
パーティー会場で踊るべきパーティーダンスを、ほとんど教わっていないのだから、競技ダンスを踊るのは当然なのだ。

「社交ダンスを教えられないダンス教師」というのが一時期話題になって笑えたが、これは本当に本当。
競技ダンスなら教えてくれます。
ブルースを教えられない先生にあたったことがあります。これも本当。
社交ダンスを覚えたくて集まった老人達に、一生懸命、競技ダンスを教えていた先生もいます。

学生時代競技ダンスで成績を修めてそのままダンス教室の先生になったら、競技ダンスしか教えないのは当然。
先生を責めてません。

こんな当惑の中、素晴らしいダンサーに踊っていただきました。
スタンダードもラテンも、ベーシックを丁寧に丁重に、パートナーができることを無理なく踊ってくださる。

えーっ もしかしてわたしルンバが滅茶苦茶上手だった?こんなに上手かった?ほぼA級選手では?

と夢のようなことを思ったけど、それは男性が滅茶苦茶上手いためで、自分が勘違いしているとはすぐにわかったけど、それでも夢のように気持ちよく踊らせていただきました。
スタンダードはもう雲の上ダンス。

無理に肘を張ったり背中を押されたり大きすぎる歩幅に足がもつれたり、もちろん耳元で次のステップ名を言い続けるなんて不愉快なことをするわけでもなく、それでもとっても気持ちよく、これぞ社交ダンス!というダンスを踊っていただきました。

それは男性がカリスマ先生だからと言ってしまえばそれまでですが、理想的な社交ダンス。パーティーダンスでした。

大江聡子