遠爺の「カッコつけドリル」~ 其の弐“「フィガー」は「図形」” ~

社交ダンスのステップに名前についている「フィガー」は、スケート競技「フィギアー」の語源になっている「フィガー」であり「図形」を意味するという。ステップを踏む時、説明にある“足形”に沿って、その図形を大事に踏むのがエチケットとなる。

比較的早く取り組むであろう、ワルツのナチュラル・ターンをモチーフにして考えてみよう。

ワルツは円舞曲。”円を描く様に舞う” のだから”ターン”が至る所で踊られる。 その中でも”ナチュラル・ターン”は最も先に取り組まれるフィガーと言っても良い。

[図-1]で見るように、一般的に表されている足型である。まず、[図-2]によって前半の3拍をドリルって見よう。図の中に簡単に説明を加えているので、御覧頂こう。

前半は、男子が前進で外廻りになるので、2の「二」・「横」へのステップは可能な範囲で大きく伸ばすと良い。一方、女子は後退で内廻りなのでムリしない程度にステップ。

詳しい説明は略しますが、後半は男子が後退で、女子が前進になるので、上記説明を男・女を逆に読んで頂きたい。

ここで強調したいのは、1の「イ」での、「サポーティング・フットへの溜め方」である。

”其の壱”で述べた「階段降りの原理」をドリルによって活かして欲しい点である。

つまり、「よく見られる課題」として上げた点である。「男子の軸足への降り方が不十分のまま前進を早まってしまい、女子が辛そうな体制でステップを踏む姿が・・」と。

幾つかの写真を参考にしてみよう。

共通して[参考フォト①②③]で見えるのは、*ペアの向い合いが無く、ホールドが外れている点(お腹がみえる)と、女子を置いてきぼりの点。**サポーティング・フットへの溜めが無いままに腰・上体が先行して、OP(アウトサイド・パートナー)ポジション風に進み、女子の肩の線から腕にかけて無理があり、苦しい体制が見える。

細かい説明はサテ置き、社交ダンスだから気持ち良く踊りたいと思う。

その為には、ホールドとして平行四辺形(社交ダンスのすすめ/参照)を維持出来る体制作りが欲しい。そして、OPでも「階段下りの様に、腰・上体が膝より前に出ない様に自然体でロアー出来ると、ペアが向き合った上体を維持できる」のです。

50年程前、私の師匠は「 膝に、下りろ! 」と教えてくれました。この意味は、基本的には「腰は重力を支える足の上にいるのが前提であるが、ステップでの移動を考えると前進する場合もある。が、ムービング・フットへの体重移動が進行するまでは、支え足を超えないように」との指導を受けました。即ち、膝・腰・上体の線が垂直である事。

特に、CBMは膝の前にヒップがあっては股関節を使えず、絶対に不可能でしょう、と。

ダンススポーツ教程の中で、「関節の可動範囲」の講義(中西氏)を興味深く伺ったことも思い出してきます。フォームを決めて余分な力を使わないこと、の共通項と感じた次第です。

少し余談になりますが、私はダンス競技も楽しんでいましたが、勝とうとは思いませんでした。子供の頃からパワーの無い私でしたから、運動で勝つと言う発想は湧いてきませんでした。その分カッコ良いことに憧れていました。

 燕尾服に白いシルクの蝶ネクタを決め、パートナーもドレスで身を包みメイクを決めると別人になる、という。そしてフロアーに立つと、舞踏場。応援客の前で、カッコ付けて舞、ピクチャーポーズに入ると、パートナーの満足げな笑顔が眼に入り、私はスマイル。

結果として、上位入賞の機会が多くありました。

 社交ダンスは、難しく考えると難しいかも知れません。でも、何でも習い事には基本やルールがあって、それが楽しく! やり甲斐がある!! ここが大事だと思います。

 さて、ドリルです。

[参考フォト①②③]のケースでは、男子はお腹の前が”がら空き”のためか、大きく前進し、そのスピードに乗って「1」のカウントなのに既に膝が伸び、ライズしているパターンが、よく見受けられます。

それによる課題ですが・・説明は図解で、反ってヤヤコシイとおもいますが、

[パターン-1]では、クローズド・チェンジを細長い型になり、ターンが不足のケースに。

[パターン-2]の場合、「1」なのに既に膝が伸び、ライズして可笑しい。そのライズと、ターンを意識して余分な力が作用し、ボール・ターンになるので、廻り過ぎるケースである。そのために、女子は後退で後ろ向きのまま押し戻される形になり、非常に厳しい体制で「きりきり舞い」してしまう。

この様な踊り方が続くと、女子が苦しいだけで無く、踊りの方向がホールでは”皆さんの踊りの流れに逆走する”原因になるので注意しましょう。

[参考フォト④]では、「1」の後半「チ」に入り、ムービング・フットへの体重移動に伴ってCBMが自然に解け、スムーズなターンと共に「2」・横に向かう体制を形成するムーブメントである。女子のスカートの動きからも、その常態が見て取れると思います。

今回は、ナチュラル・ターン前半のみになりましたが、正しく前半が出来ると、後半に入る時、スムーズに続けられると思います。

つまり、一つ、一つをチャンとステップすることで、常に「踊り出す時のホールド」に戻って踊り続ける事が出来、ペア共々が楽しく踊られる、と言うことになると思います。

カッコつけて踊る術をドリルって見ましょう!

(スマイリー・遠爺)