【2019年11月末日閉館決定】東宝ダンスホールに踊りにいこう

日本を代表する格式あるダンスホール「東宝ダンスホール」が、2019年11月末日をもって閉館します。ぜひその前に、極限までダンスの美しさを追求した(東宝ダンスホールWebサイトより)ダンスフロアで踊ってみませんか?

宝ダンスホールWebサイト トップページより

◆アクセスは?

◎JR有楽町駅 日比谷口から徒歩3分

◎地下鉄日比谷線 日比谷駅A5出口から直結

日比谷の一等地にある、 東宝ツインタワービルの 7Fです。エレベーターで7F に上がると、そこがエントランスです。
親切なスタッフの方が迎えてくださいますので、わからないことはどんどん質問してみましょう。(写真は、許可を得て撮影しています。)

◆料金は?

1)入場料

インターネット割引クーポンを提示すれば、2,300,円で入場できます。人数が多ければ、回数券を使うとお得(7月で販売終了)。サービスデー・ダンスの日・スペシャルマンデーなどを狙っていけば、最も安いときであれば、1,000円で入場できます!

その他にかかる主な料金としては・・・

2)コインロッカー代

踊っているときに、バッグなどを置きっぱなしにしてしまうのは危険なので、荷物は基本的にすべてロッカーに預けます。
大きさによって100円、200円、300円、500円のロッカーがあります。

2)飲み物代

フロア横のバーカウンターで、ソフトドリンクやアルコールを楽しむことができます。
料金の目安として・・・生ビールのレディースグラスが600円です。
フード&ドリンクの詳細はこちら
受付で、ドリンクチケットを購入する必要があります。
「あ!お財布はロッカーに預けちゃった!」・・・となっても大丈夫。受付に言うと、いったん払い戻してくれます。

◆服装は?着替えは?

受付で料金を支払ったら、ダンスの衣装に着替えましょう。
特にドレスコードはないそうですが、せっかくのダンスホールですから、少しお洒落をしたいですよね。
男性はYシャツにネクタイ、 女性は、ワンピースやダンス用のドレスの方が多かったように思います。
着替える場所は、たくさん用意されています。
初めてだと伝えると、受付の方が丁寧に案内してくれます。

◆音楽は?ダンススタイルは?

基本的に、2種類のバンドが交互に演奏します。
バンドスケジュールは、こちらで確認できます。
ご年配の方が多いので、その方たちが好むような音楽が演奏されています。
ダンススタイルは、もちろんインターナショナルスタイル。
種目は、ワルツ・タンゴ・ルンバ・チャチャ、時々スローフォックストロット・ジルバなどでした。

※私は、友人たち数人と行ってアメリカンスタイルで踊りました。 アメリカンスタイルで踊ってももちろんOKです。

◆女性が一人で行っても大丈夫?

ときどき男性が誘ってくださることもあるようですが、カップルで来ている方が多いのであまり期待はできません。

でも大丈夫!
東宝ダンスホールの専属インストラクター が30分 2,000円でお相手してくださいます。教師一覧を確認しておけば、指名することも可能です。(ただし、いつもいらっしゃるとは限りません。)

初めてのときは、受付でその旨を伝えると、3曲無料で、インストラクターがダンスの相手をしてくださいます。

※イベント開催日及び特別営業日、繁忙日を除く。

◆ねらい目の時間は?

ご年配の方が多いからか、20時を過ぎるといっきにフロアがスカスカに・・・
美しく広々としたフロアを、独占することができるかも?
入場料も、20時を過ぎるとお安くなるのでオススメです。

◆その他の注意点

中に入ったら、写真撮影は厳禁です。スマートフォンは、ロッカーに預けてしまいましょう。
1人でシャドーをしたり、同性同士で踊っていると注意されることもあるようです。
競技スタイルで大きく踊っている方が多いので、周りに気をつけながら、怪我のないよう、楽しく踊ってくださいね♪

社交ダンス部 江島民子